ページトップへ
ホーム > 治療の流れ

治療の流れ

ANZX
₢킹

1、問診

不妊の鍼灸治療・問診

最初に「予診表」に現在お悩みの心身の状態、体質的なこと、生活習慣などを記入して頂きます。その予診表を参考に、更に詳しくお話を聞かせて頂きます。

ご自身がお体について不安に思っていること、治療についての不安等も遠慮なくお話しください。

安心してお話して頂くため、また治療を受けて頂くために、診療室は個室となっています。なお、個人情報についての守秘義務は、当然のことながら厳守しております。

2、触診

不妊の鍼灸治療・触診

次に、お身体に触れながら身体に起きている反応(東洋医学では、舌や脈・ツボの状態)を拝見させて頂きます。様々な角度からそれぞれの身体や心の状態を診ていくのです。

3、治療方針の説明

不妊の鍼灸治療・説明

問診や触診などから得られた情報をもとに、現在のお身体の状態とその症状に合った治療内容を東洋医学・西洋医学両方の見地から詳しくご説明させて頂きます。

この段階で、治療内容や方法に不安があれば、遠慮なくお話し頂き、納得・安心した治療を更に模索していきます。

4、治療

不妊の鍼灸治療・治療

治療内容・方針を納得してい頂いた段階で治療に入ります。  

問診・触診などから総合して得られた情報から、最も反応の出ているツボに鍼や灸を行っていきます。鍼の数は、比較的少なく1本~3本前後となっています。

当治療室の鍼灸治療

当治療室では、治療の際に使用する(体に刺す)鍼の数は1~3本前後です(少数鍼治療)。

「鍼の数が少ないのでは・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には治療に使用する鍼(ツボ)の数と治療効果は関係ありません。たくさん刺激するから良く効くという訳ではありません。  

鍼の数ではなく、しっかりとした問診と触診から不調の原因を適切に把握し、身体の反応の現れている所を見定め、その方にとって最も適切なツボに鍼やお灸で加えることが何よりも重要で、治療効果もシャープに出ます。

5、治療効果の確認

不妊の鍼灸治療・治療効果の確認

ご自身の自覚される状態の変化をお伺いします。効果が十分に得られていないと判断した際は治療を追加する場合もあります。

6、今後の治療について

不妊の鍼灸治療・今後の治療説明

治療後には、ご本人の意向も十分にお伺いしながら、今後の治療方針と治療期間の指標をお伝えします。また、お灸などご自宅で体調管理のためにできることがあればお知らせします。  

皆様それぞれの「早く元気になりたい」「快適に過ごせれば」という思いがなるべく早く実現するように、様々な角度から皆様の健康改善のお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

  • トップページ
  • 不妊の鍼灸治療・初めての方へ
  • 女性と子どもの鍼灸治療の流れ
  • 女性と子どもの鍼灸治療についてよくあるご質問
  • 不妊治療、不妊症、逆子の鍼灸治療の患者様の声