ページトップへ
ホーム > パクス・テルレーナの鍼灸治療 > 女性の心身不調の鍼灸治療

女性の心身不調の鍼灸治療

ANZX
₢킹
アトピー、うつ病、難聴、リュウマチに鍼灸治療
WHOによる鍼灸適応症 慢性的な症状の鍼灸治療 難病の鍼灸治療

WHO(世界保険機構)による鍼灸適応症

鍼灸治療というと、肩こりや腰痛などといった筋肉疾患だけと考えている人もいるのではないかと思いますが、その他にもさまざまな疾患に有効です。ここでは、WHO(世界保健機構)が鍼灸治療で効果があるとすでに認定されているものを参考までに紹介いたします。

運動器系疾患 関節炎  リウマチ  頚肩腕症候群  五十肩 腱鞘炎 腰痛 外傷の後遺症(骨折 打撲 むちうち 捻挫)
神経系疾患 神経痛 神経麻痺 痙攣 脳卒中後遺症 自律神経失調症 頭痛 めまい 不眠 神経症 ノイローゼ ヒステリー
消化器系疾患 胃腸病(胃炎 消化不良 胃下垂 胃酸過多 下痢 便秘)  胆嚢炎 肝機能障害  肝炎 胃十二指腸潰瘍 痔疾
呼吸器疾患 気管支炎 喘息 風邪および予防
循環器系疾患 心臓神経症 動脈硬化症 高血圧低血圧症 動悸 息切れ
代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病 糖尿病 痛風 脚気 貧血生殖・泌尿器系疾患 膀胱炎 尿道炎 性機能障害 尿閉 腎炎 前立腺肥大 陰萎
婦人科疾患 更年期障害 乳腺炎 白帯下 生理痛 月経不順 冷え性 血の道 不妊
小児科疾患 小児神経症(夜泣き かんむし 夜驚 消化不良 偏食 食欲不振 不眠) 小児喘息 アレルギー性湿疹 耳下腺炎 夜尿症 虚弱体質の改善
眼科疾患 眼精疲労 仮性近視 結膜炎 疲れ目 かすみ目 ものもらい
耳鼻咽喉科疾患 中耳炎 耳鳴 難聴 メニエル氏病 鼻出血 鼻炎 蓄膿(ちくのう)咽喉頭炎 扁桃炎(へんとう炎)

*来院なされた方の治療体験などは、患者様の声のページをご参照ください。
*上記以外の症状でも鍼灸治療は様々な心身の不調に有効です。お気軽にご相談ください。

慢性的な症状の鍼灸治療

治療の進め方と通院頻度

慢性的な症状の鍼灸治療

慢性的な症状の場合は、 一回の治療でも症状の軽減は見られますが、 体質の改善を含めた少々長いスパンでの治療を続けていく必要があります。

そのような方の場合は、一つの指標として、 1~2週間に1度の頻度で 通院をして頂ければと思っております。

その後、症状が安定してくれば2~3週間に1回、 殆ど良くなれば月に1回の体調管理という様に徐々に治療回数を減らしていきます。

どのように症状が改善していくのか

慢性的な症状は一回の治療でも 症状の軽減は見られますが、 体質の改善を含めた継続的な治療が
必要になります。

治療を継続していくことで、 症状は多少の浮き沈みをしながら下図(慢性的な症状が改善する経緯ように「健康体」に近づいていきます。

治療を続けていく中で、 気候の変化によるストレスや日常生活の中でのストレスなどに対応できる
ようになり、 お困りの症状が様々なストレスに左右されない身体となっていくのです。

鍼灸治療による症状改善

*来院なされた方の治療体験などは、患者様の声のページをご参照ください。

難病治療一般

難病治療の鍼灸治療

東洋(中国)医学は現代(西洋)医学が発達する以前の古来より、様々な症状に対しての治療の研究が行われ、様々な病と闘ってきました。  

お子様の症状から大人の症状まで、様々な病に対する治療は現代(西洋)医学だけではなく、東洋(中国)医学にも存在します。  

難病治療といっても特別なことをする訳ではなく、東洋(中国)医学的な見地からお身体の状態をしっかり拝見し、『なぜ病が引き起こされているのか』という原因を考え、治療を行っていきます。

ですから、現代(西洋)医学では原因が分からない病気であっても、 東洋(中国)医学的見地から
すれば、その原因(なぜ病が引き 起こされているのか)を解明することは可能です。

また、病から波及する様々なお辛い症状。例えば、癌(ガン)による痛みしびれ、浮腫(むくみ)などにも鍼灸治療は有効です。ストレスの緩和や精神安定にも役立ちます。

鍼灸治療によって、様々な症状に苦しむ方々の穏やかな時や笑顔が増えることを願っています。まずは、お気軽に何でもご相談ください。

  • トップページ
  • 不妊の鍼灸治療・初めての方へ
  • 女性と子どもの鍼灸治療の流れ
  • 女性と子どもの鍼灸治療についてよくあるご質問
  • 不妊治療、不妊症、逆子の鍼灸治療の患者様の声