ページトップへ
ホーム > パクス・テルレーナの鍼灸治療 > 小児の様々なトラブルに

小児の様々なトラブルに

ANZX
₢킹
子どもの夜泣き、喘息、アトピー、夜尿症に鍼灸治療

小児の心身トラブルと鍼灸治療

子どもは成人ではありません。急速に発育するため、心身の発育にムラや不調和が出てきます。 心身のバランスが崩れやすいのです。小児に良くみられる症状に以下のようなものがあります。

下記の表は、鍼灸治療に良いとされる疾患の一部です。 表に記されていない症状や難病でお悩みの方もお気軽にご相談ください。小児がん治療のケア、晩期合併症の軽減、予防にも鍼灸治療は有効です。

小児の代表的な
症状
疳の虫(かんの虫)・夜泣き 落ち着きのなさ 発育不良 おねしょ(夜尿症)下痢 便秘 消化不良 食欲不振 へんとう炎 風邪症状 風邪をひきすい虚弱体質 小児喘息 アトピー性皮膚炎 湿疹 じんましん チック症精神不安 倦怠感など

 

小児の鍼灸治療とは

小児鍼(しょうにしん)とは、子ども用の特殊な鍼で軽く皮膚を摩擦したり接触したりする治療法です。「痛い」という感覚は全くありません。お灸もポカポカとして体を温めるものを用います。よって「熱い」という感覚もありません。お子さんも怖からずに気持ち良く治療が受けられます。  

薬を飲まない、また、服用している薬の副作用を抑えるために、お子さん自身の自然治癒力を高めて心身を整える体に優しい「小児鍼灸」をお勧めします。お気軽にお問い合わせください。

子どもに使用する鍼

子どもの鍼は大人と違い、刺さずに皮膚の表面から軽く刺激します。

小児はり・小児鍼
小児はり・小児鍼

治療時間・期間

横浜の子どもの鍼灸治療

子どもは非常に敏感な体質であるため、短時間の軽い刺激でもその効果は高く、治療時間も大抵の場合、おおよそ5分前後で終了します。

その後の治療頻度は、それぞれのお子さまの症状によって
異なり、実際に症状を拝見させて頂きながら、治療間隔を
決めさせて頂くことになります。

一つの指標としては、疳の虫(夜泣き)などの症状の場合は、連続して治療を行うこともあります。その他の慢性的な症状(例:小児喘息・アトピー性皮膚炎など)の場合は、1日おき、3日おき、1週間おきなどになります。

その後、殆ど心身の状態が安定してくれば体調管理に1ヵ月に1~2回の治療をお勧めしています。

お子さまの不安を出来るだけ少なく

横浜の子どもの鍼灸治療

初めての治療の際は、初めて会う治療者や院内の雰囲気に緊張して泣いてしまうお子さまもいらっしゃいます。大人でも初対面の人と話すことは少々緊張することですから、子どもなら尚更です。  

そんな時は、お子さまが当院の環境に慣れるのを暫く待ってから治療に入ります。また、お子さまの緊張を出来るだけ少なくするために白衣を脱いで治療にあたることもあります。  

まずは、「治療室に来るのが楽しい」と思えることが一番です。そのような「楽しい」気持ちを持つことで治療効果も上がってきます。

保護者の方へのサポート

保護者の方の子育ての不安や疲れなどもお子さんの体調に影響を与えます。保護者の方の精神・肉体的な疲れを改善すれば、お子さんの症状が安定することも多々あります。  

そのような場合、保護者の方もお子さんと並行して鍼灸治療を(できればお子さんの治療日と違う時間にゆったりと)お受けになることも一つの改善策です。

*来院なされた方の治療体験などは、患者様の声のページをご参照ください。

  • トップページ
  • 不妊の鍼灸治療・初めての方へ
  • 女性と子どもの鍼灸治療の流れ
  • 女性と子どもの鍼灸治療についてよくあるご質問
  • 不妊治療、不妊症、逆子の鍼灸治療の患者様の声